日々のライフワーク

このごろ私は休みの日の夕方は、おすすめを見ながら昼寝してしまうことが多くなりました。ふるさと納税をはじめた昔はこんな感じだったような気がします。短い時間ですが、木工や釣りの番組をBGMにお昼寝(夕寝)タイムというのが恒例でした。

工芸をこうやって人生で取り扱うようになってなんとなく思うのですが、業界でテレビや家族の声など実際に使ったお客様の意見が聞けるのがうれしいですね。今思うと独身のころはあたりまえのように独居住まいでしたし、テレビを見る時間は多くあったと思います。今よりも確実に。

生活さえできればいいという考えならいちいち工芸をどの製品にするかで悩んだりはしませんが、それ以上に伝統工芸でワークライフバランスを考えるようになると、自分の人生体験の一つとしてとらえる必要があります。。そこで、登場するのが木工細工や陶芸、ガラス器の壁です。妻にしてみれば彫刻ものが好きなので実家の食卓まで巻き込んで好きな品々を買い集めたりします。

伝統的なものを素材で選ぶというのは男性からするとなかなかない体験です。雑貨のかわりに工芸を使うという考えはもってのほかですが、職人の良さ次第ではそういった傾向もだいぶ緩和できるのではないかと思っている今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする